ケミカルピーリングで用いる薬剤

ケミカルピーリングで用いる薬剤には、幾つかのパターンがあります。日本の皮膚科や整形外科などでよく使われるAHAと、BHAについて説明しましょう。りんごやみかんが含有するフルーツ酸はAHAとも呼ばれており、ケミカルピーリングを行う時に利用されることがある主な薬剤の1つです。フルーツに含まれている成分ですから、お肌に優しく、刺激も少ないのが特徴です。石けんやローションの中にもフルーツ酸は使われていますので、ケミカルピーリングと縁がない人でも見聞きする成分です。ケミカルピーリングに使われることの多いBHAという薬剤は、サリチル酸と呼ばれます。皮脂に近い成分構成なので、ニキビの治療などにも使っています。こちらのBHAのほうは、ケミカルピーリングにはとても効果です。以前は、日本国内でBHAはさほど使われていませんでした。刺激を受けると痛んでしまう肌には、BHAの洗浄力は強すぎるというのが理由です。最近は新しいタイプのBHAが開発されて、トラブルも少なくなった為に最近ではこちらも人気があります。AHAやBHA以下いにも、ケミカルピーリングに使える薬剤は幾つかあるといいます。どの薬剤を使ってケミカルピーリングをするかは、利用する皮膚科や整形外科によって違います。施術後に問題にならないよう、事前に薬液の種類くらいは把握しておくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ